会社に辞意を伝えるタイミングと実際の退職時期

会社を辞める時はとっても複雑な心境。
その気苦労は経験者にしか分かりません。
ここでは、仕事を辞めるタイミングに焦点を絞ってみました。

①6月や12月のボーナス直後

ボーナス直後

会社を辞める時期は、金銭面から検討するとボーナス支給日の当日がベストです。
ボーナス支給日直後に退職するのは少し気が引ける人もいるかもしれないですが、ボーナスは過去の仕事に対して払われるもの。
だから、後ろめたさを感じる必要は全くありません。
むしろボーナスを貰った後はなるべく早く次の会社で働き始めないと、転職先でのボーナスが目減りする事になります。
何故ならばボーナス支給額の計算方式には、在籍日数が影響するから。
転職後の年収ダウンを避ける為には、このような計算高さも必要です。

②人間関係を考えると3月退社

一緒に働いている同僚達に迷惑を掛けずにやめようと考える気持ちは大事。
その場合は、1月頃会社に辞意を伝えて3月末で退社するのがベストです。
企業の事業計画は大抵4月スタート。
だから、事前に退職意志を明確にしておけば、組織変更や人事異動で退職者の仕事をカバーしてもらえます。
退職後も現職の人達とプライベートで長い付き合いになりそうであれば、このような選択を考えるべきでしょう。

③転職先からの要望に合わせる

在職中に次の転職先が既に決まっているのであれば、転職先からの入社希望時期に合わせる努力も必要です。
あなたにとっては、去る会社よりこれからお世話になる会社を大事にした方が良いのは一目瞭然。

④何が何でもすぐに辞める

優柔不断なサラリーマン

「もう会社を辞めよう!」と決意してからも、ズルズルと毎朝通勤電車に乗って会社に向かう優柔不断なタイプが結構います。
また、結構仕事が出来るタイプの中にも、日々の忙しさに忙殺されて自分のキャリアを真剣に考えない人もいます。
このような人達は、会社を辞めるタイミングなど考えずに今すぐに辞めてしまった方が良いのです。
「自分が望むライフスタイルは何か?」について、自問自答する時間を確保する事が大事です。

以上のように4パターン取り上げました。
人それぞれ職場環境が異なると思うので、最終的には周囲と調整しながら退職時期を探るという事になるでしょう。

退職手続きや次の仕事探しを有利に進める為には、転職アドバイザーを味方につけておくことは必須です。
転職エージェントへ登録していつでも相談できる体制にしておけば、思わぬ失態を防げるのでおススメですよ。

中途採用の場合は通年で求人募集がありますが、特に求人数が増えるのは1月~3月です。
既存部署の欠員や4月スタートの新組織の要員不足分の需要が一気に転職市場に出てくるのがこの時期。
ですからこのタイミングを狙って転職活動を本格化させると非常にチャンスをモノにしやすいのです。

【関連する参考ページ】

転職サイト
転職エージェントランキング発表! 各社の評判を一挙に比較
辞表提出
辞表の書き方 サンプル・文例を掲載
座談会
リクルートエージェントの評価ってどうなの?

このページの先頭へ